最近、BSでやってる「ワイルドライフ」にはまってます。動物の様々な争いや生き延びるための戦略など、見ていて全然飽きません。
この前は、ヒヒの群れの中での主導権争いをやっていたのですが、なんだか人間社会に似てきている気がして、面白いようなでも少し怖いような、不思議な感覚でした。
ヒヒの群れのボスは、基本的には喧嘩を勝ち上がってその地位についているのですが、喧嘩は強くなくてもメスや赤ちゃんに対する気遣いで地位を駆け上がっていく個体もいるのです。
ボスに喧嘩を吹っ掛けられれば、逃げて自分の方が弱いということを示したり、ボスにマウンティングをさせたりするのですが、普段メスや赤ちゃんに優しくしているその個体の周りには自然とメスや子供が集まってくるのです。そういう所へメス目当てのボスがやってくると、優しいヒヒはメスから離れずかつボスと喧嘩をするでもなく、のらりくらりと争いを避けてメスと赤ちゃんを別の場所へ移動させるのです。
動物のメスは、気性が荒く力強いオスと交尾をして強い遺伝子を残していくものなのじゃないかと思っていたのですが、そうとばかりも言えないようです。