昨日、月に一度、先祖供養のためにお寺に行く。
いつもお寺では、お坊さん(住職)のお話を聞く時間があり、毎回、自分にとって為になるお話をして下さる。
昨日の内容は、「人は何かをするために現代に生きている。意味がない人なんていない。」と言う言葉を教えてくれた。
この内容は先月にも話してくれた内容と一緒だった。
私は「いい話だなぁ。」と思ったので、先月にお坊さん(住職)の話を聞きながら、メモを取った。
この話は、私を含めて現代に生きている人、全員に大切な事だと思った。

あとプラスで、このようなお話もして下さった。
「『天国』や『地獄』は現在にあり、瞬間、瞬間で『天国』や『地獄』に変わっている。よくテレビなどで絵で見る『天国』や『地獄』は想像の話し」という事を教えてくれた。

私は、「『よく考えると、誰でも分かる話』と思ったが、でも『良く考えない』と分からない話でもあるなぁ。」と感じた。
と、言う事は、「『良く考える』を行う時間がないのだなぁ。」と気づかされた。
「本当にためになる話を聞けたなぁ。」と感じた。